鶴舞公園・花菖蒲


 1909年に、名古屋最初の公園として開設された。翌年に開催が予定されていた第10回関西府県連合 共進会の会場とすることを主目的として整備された。他の目的として、名古屋に存在しなかった大公園を開設することが挙げられる。 なお、当地に整備された理由は、予定されていた堀川整備に伴う大量の土砂の処理のために、当時沼地であった当地を埋め立てて整備するのが効率的と考えられたからである。 共進会の終了した後も公園整備がすすめられ、動物園の開園(後に東山に移転)、図書館建設、普選記念檀が名古屋新聞社(現・中日新聞社)より寄贈(普通選挙制度の成立を記念)、名古屋市公会堂の建設(昭和天皇の成婚記念)と整備された。 戦後に進駐軍が使用したため、市民の利用は制限されたが、現在では全域が市民に開放されている。
春から夏にかけては、桜、チューリップ、バラ、菖蒲、紫陽花と多くの花を見ることができ、4月〜6月にかけては花まつりが開催される。特に桜については、さくら100選に選ばれるほどである。 ・サクラ…3月下旬から4月上旬・チューリップ…4月・バラ…5月中旬・10月中旬・ハナショウブ…6月上旬・スイフヨウ…9月上旬から10月中旬

問い合わせ:鶴舞公園 TEL:052-731-8590
住 所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞1
 名古屋市緑化センター(鶴舞公園内)のホームページですが鶴舞公園のブログもあります。
http://www.nga.or.jp/


  今年は昼の気温が高く30度を超える日が続き菖蒲は例年よりも1週間くらい早いみたいで、終わるのも早そうですね。 鶴舞公園は中央の大きな池と南側の東と西の三か所になっています。 中央は色々な種類が植えられ中央の通路を境に東と西に分かれていますが、菖蒲池は水が水道水になったせいか、昔に比べると菖蒲の花の付き方が全体的に悪いですね。 昨年は中央のメインの池が花付きが悪かったのですが、今年は東の池が殆ど咲いてない状態でしたね、今年は全体的に早めで、花によっては終わりに近いのもありましたね。また同時に 紫陽花祭りも同時開催ですが紫陽花はまだ色づき始めたばかりで、まだこれからという感じでした。


花菖蒲T
花菖蒲U
花菖蒲V
花菖蒲・色々