円頓寺七夕まつり&四家道



  ● 吹き流しや張りぼて飾りが商店街を彩る「円頓寺七夕まつり」地元の子どもやお年寄りが願いごとを書いた色とりどりの風船を空に放って開幕。初日はアーケードにつるされた張りぼての出来を競う装飾コンクールが開催されり、商店街の方々もユニークな作品を作って展示されていました。
・堀川に架かる五条橋から西に伸びるのが円頓寺商店街です。円頓寺商店街、円頓寺本町商店街、西円頓寺商店街の3つからなり、ここも名古屋城が築城された際に、城下町の商店街として整備されました。 名古屋で最も古い商店街で、大須と同じく圓頓寺の門前町として親しまれています。最盛期は1890年代(明治中頃)以降で、この付近に工場が建設され、笹島に鉄道駅が開業すると名古屋の盛り場として発展、商店街は江川を越え西へ西へと延長されました。 江川は昭和に入ると埋め立てられ、その江川線には当時市電が走り、界隈には夜店が並び、劇場や寄席も設けられていました。今も劇場の面影があることはあります。名古屋三大繁華街、栄、大須そして円頓寺という時代が昭和初期まで続きました。
★《第62回円頓寺七夕まつり装飾コンクール受賞店・受賞一般公募結果》 *【店舗の部】 ・一位(愛知県知事賞)…フルーツショップマルゼン「パンダの親子」 ・二位(名古屋市長賞)…路麺えんそば「フランケンシュタイン」 ・二位(名古屋市長賞)…野田仙/月のののうさ「孔雀(日光東照宮)」 ・三位(愛知県議会議長賞)…サキアテジョーグー「迦陵頻伽(沖縄音楽女神)」 *【一般公募の部】 一位(円頓寺商店街連盟特別賞)…33BLOCKS「パオパオ」



問い合わせ:円頓寺本町商店街振興組合 事務所内 TEL/FAX 052-571-1877    
住 所:名古屋市西区那古野1丁目〜2丁目
 那古野下町衆ウェブサイトです。 http://www.nagosyu.jpn.org/
《 四家道・名古屋駅から歩いて行けるタイムトリップ! 》
  「名古屋に行くことはあっても、観光はしたことがないな〜」そんなあなたに、気軽に訪れてほしいのが「那古野(なごの)」です。名古屋駅から歩いて約10分。高層ビル街を抜けるとすぐ、土蔵が連なる江戸時代からの風景が登場します。古民家や町家を生かしたスポットもたくさん。
 那古野エリア。 http://www.nagosyu.jpn.org/



  名古屋市西区那古野の円頓寺と円頓寺本町の両商店街で7月26日〜7月30日まで開かれる恒例の「円頓寺七夕まつり」、今年で62回で、商店街に入ると、時の話題などをテーマにユニークな作品たちが迎えてくれる。 ここは各商店が時の話題や張りぼて飾りが作られてアーケードにお目見えする。個性豊かで楽しげな作品が頭上からつり下げられ、道行く人たちを楽しませている。 今年は上野のパンダや稀勢の里などが話題に他には将棋やレゴなどもありましたが、名古屋城のおひざ元で、木造化が決まった名古屋城は話題になかったですね。これが庶民の声ですね。


七夕飾りT
(円頓寺商店街)
七夕飾りU
(円頓寺商店街)
七夕飾りV
(円頓寺本町商店街)
七夕飾りW
(円頓寺本町商店街)
円頓寺色々
(四間道)